2012年04月

豆さんの花・・

009
 えんどう豆・さやえんどう豆 どちらも同じ花が咲く・?

豆さんの花・・

010
健康に良い食べ物覚えの頭文字 
「まごわやさしいよ孫は優しいよ) 」
豆・胡麻・わかめ・若布野菜・椎茸・芋・ヨーグルト 
ラジオ深夜便より・・ 

農園の水仙・・

011
ユリ目 ヒガンバナ科 スイセン属・ フローラル団地農園にて・・

ボタン(牡丹) 深夜便 今日の誕生花と花言葉

e6b0de2f
NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉 4月30日

  ボタン(牡丹・ボタン科)

     花言葉 : 王者の風格

・牡丹(ぼたん)科。                           
・学名  Paeonia suffruticosa                   
          Paeonia      : ボタン属              
          suffruticosa : 亜低木状の            
    Paeonia(パエオニア、ペオニア)は、          
    ギリシャ神話の”医の神”「Paeon」の名に      
    由来する。                                    

・開花時期は、  4/20頃~  5/  5頃。     
・中国原産。日本へは奈良時代に渡来してきた     
  らしい(弘法大師が持ち帰ったとの説も)。     
  中国の国花。新年を祝う花として、             
  中国の上流階級ではとりわけ珍重された。       
  中国では、
花海棠(はなかいどう)とともに     
  最も愛好される。                             
・中国名の「牡丹」を音読みして                 
  「ぼたん」の呼び名になった。                 
・花王(かおう)、白王獅子(はくおうじし)、   
  大極殿(だいごくでん)、烏羽玉(ぬばたま)   
  などいろいろな種類がある。                   
・大輪の花が見事。                              

・あんこ入りのおだんごに                       
  「ぼたもち」と「おはぎ」があるが、           
  じつは同じもの♪                             
    → 「
萩(はぎ)」へ
 
・「立てば
芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」 
    ”シャクヤクのように風情があり、           
      牡丹のように華麗で、百合のように清楚”                       
      という、女性の美しさを形容することば。    
                  
・別名  「名取草」(なとりぐさ)、             
        「二十日草」(はつかぐさ)、           
        「深見草」(ふかみぐさ)。              
  
  牡丹散って  うちかさなりぬ  二三片        
                          与謝蕪村    
 
  牡丹花は  咲き定まりて  静かなり           
          花の占めたる  位置のたしかさ            
                       木下利玄(きのしたりげん)    
 
   一輪の  牡丹かがやく  病間かな            
                           正岡子規      
 
・似ている花へのリンク        
冬牡丹  芍薬
・「牡丹」シリーズ        牡丹  冬牡丹  牡丹臭木  草牡丹

        季節の花 300 より 画像も
 
 観賞用・ 薬用に古くから栽培されている
 根皮が生薬とされ 頭痛・腰痛・婦人病などの治療に用いる
                         (広辞苑より)

さくらんぼ 実を付けるのも もうスグです・・

015
 桜桃(おうとう) バラ科サクラ属 2012/4月 農園にて・・

サクランボの花・・

014
 数年前に購入の苗木が育ち花を咲かせています・・

コデマリ(小手毬) ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉

113f9773
NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉 4月29日

  コデマリ(小手毬・バラ科)

     花言葉 : 努力する

・薔薇(ばら)科。                         
・学名  Spiraea cantoniensis               
          Spiraea      : シモツケ属        
          cantoniensis : 中国広東地方の    
    Spiraea(スピラエ)は、ギリシャ語の      
    「speira(螺旋(らせん)、輪)」が語源。  

・開花時期は、  4/20頃~  5/15頃。 
・中国から渡来。                           
・小さな花が丸く集まり、手毬のように咲くこと
  から「小さな手毬」で「小手毬」になった。 
・枝は弓状に垂れ下がる。                   
・生け花の材料や茶花として利用されている。  
                     
・似ている花へのリンク                     
    
雪柳  蜆花  霞草  下野  土佐下野
・「手毬(てまり)」シリーズ               
    
大手毬  小手毬  薮手毬

       季節の花 300 より 画像も

菜の花・・

012
 フローラル団地 農園にて・・

フローラル団地の花壇にて・・

016

たんぽぽ (蒲公英) ・・

013
 フローラルハイツ農園にて・ 2012/4・・

スイートピー ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉  

02ea27b5
NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉 4月28日

  スイートピー(マメ科)

     花言葉 : 私を覚えてください・喜び

・豆科。                                     
・学名  Lathyrus odoratus                    
          Lathyrus : レンリソウ属            
          odoratus : 芳香のある、香りのいい  
    Lathyrus(ラシラス)は、ギリシャ語の       
    「la(非常に)+ thyros(刺激する)」      
    が語源。                                    

・春の園芸植物。                             
・イタリア南部またはシチリア島が原産地。     
  幕末の頃に渡来した。                       
・イギリスのエドワード王朝の花。             
  イタリアの司教さんがイギリスにこの花を送り、
  王女にとても気に入られたとのことから。     
・英語だと「sweet pea」で”甘い豆”または    
  ”香りある豆”の意味。                     
  ただし、口には入れないほうがいいようだ。   

・いろんな色の花がある。                     
・春咲き、夏咲き、冬咲きがあるが、           
  最も多く出回るのは春咲き。                 
・松田聖子の歌の「赤いスイートピー」         
            (’82年春)         
 
・別名  「麝香連理草」(じゃこうれんりそう)、
        「麝香豌豆」(じゃこうえんどう)。   
・1月14日、2月15日、12月9日の誕生花 
・花言葉は「繊細、優美、デリケートな喜び」   

・似ている花へのリンク       浜豌豆  黄花の連理草

       季節の花 300 より 画像も 

   葉はエンドウにに似て先端は巻きひげとなる 
 桃・白・紫・斑・などの蝶形花をつけ花の後ろに
 鞘を生ずる 園芸品種が多い・・

パンジー

018
 スミレ科すみれ属・ 2012/4月

パンジー・・

019
 フローラル団地の花壇・ 

フジ(藤) ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉

cf80b260
NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉 4月27日

  フジ(藤・マメ科)

    花言葉 : 恋に酔う・懐かしい思い出

・豆(まめ)科。                             
・学名  Wisteria floribunda                  
          Wisteria   : フジ属                
          floribunda : たくさんの花をつける  
    Wisteria(ウィステリア)は、19世紀の       
    アメリカのフィラデルフィアの有名な解剖学者、
    「Wistar 教授」の名前にちなむ。             

・開花時期は、  4/15頃~  5/  5頃。   
・日本原産。                                 
・紫色の花が、幹の方から先端に向かって       
  咲き進む。                                 
・蔓(つる)は他の木などに「右巻き」に巻きつく。
  (これに似ている「山藤(やまふじ)」は     
    「左巻き」に巻きつきます)               
  2mぐらいの長さの蔓になることもある。     
・蔓はとても強く、                           
  古墳時代の巨大な石棺も、                   
  木ぞりに載せてこの藤縄で運んだらしい。     
  (参考)モミ(御柱の運搬)     
・蔓状に成長するので、藤棚にいけることが多い。

・夏になると新しい枝先から                   
  また少し花が咲くことがある。               

  ふるさとの  池の藤波  誰植えて           
         むかし忘れぬ  かたみなるらむ          
                        金槐和歌集  源実朝    
 
   しはらくは  花の上なる  月夜哉(かな)  
                             松尾芭蕉    

・似ている花へのリンク                       
     針槐    デュランタ  キングサリ
     ハーデンベルギア  夏藤  木五倍子

・「藤」シリーズ          藤  草藤

     季節の花 300 より 画像も

  各所の藤棚でお馴染みの藤ですが
  藤の葉 花房を模様化した紋所として
  上がり藤・下がり藤・杏葉藤・三つ葉藤・九条藤などがある
  又 着物などの色目として 表は薄紫 裏は青 を 
  ふじがさね と呼ぶ・・ 

札幌ライヴカメラ・

sapporo 0307 1530
 2012年3月7日・画像はクリックで大きくなります・・

宇宙からの大阪市の夜景・・

大阪夜景
 画像 野口聡一さん 国際宇宙ステーションより・
  画像はクリックで大きくなります・・

ケマンソウ(華鬘草) ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉

78a14341
NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉 4月26日

  ケマンソウ(華鬘草・ケシ科)

     花言葉 : あなたに従います  

・罌粟(芥子:けし)科。                         
・学名  Dicentra spectabilis                     
          Dicentra    : コマクサ属               
          spectabilis : 壮観の、美しい           
    Dicentra(ディセントラ)は、ギリシャ語の       
    「dis(二)+ centron(距)」が語源。           

・中国原産。鑑賞用。                             
・春、華鬘(けまん、仏前に飾る花輪のこと)に似た、
  赤い花がずらりと片側に並んで咲く。白いのもある。
・別名「鯛釣草」(たいつりそう)。               
          鯛の形に似ているから。                 
          (ピンクの色までそっくり♪)           
紫華鬘(華鬘)は名前は似ているが全く別の花。   

・似ている花へのリンク        駒草

       季節の花 300 より 画像も

 観賞用多年草 中国原産 葉は牡丹 (ボタン) に似て小さく
 羽状に細列裂 4~5月頃 薄紅色・扁円のコマクサに似た美花をつけ
 花茎はアーチ状に曲がる・・

大阪南港花の街の桜・・

005
 2012/4/10日 画像はクリックで大きくなっていきます・・

大阪南港咲洲団地の桜・

006
 2012/4/10・ 中埠頭駅付近・
画像はクリックで大きくなっていきます・・

兵庫大仏 宝積山能福寺・・

007
立ち寄った兵庫区北逆瀬川町宝積山能福寺の兵庫大仏
(胎蔵界大日如来像・毘慮舎那仏)・・
日本三大大佛の一つ 他の二つは
奈良の大仏(東大寺・蘆舎那仏) と鎌倉の大仏(長谷高徳院・阿弥陀如来)

ライラック(リラ) ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉

41b222f2
NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉 4月25日

  ライラック(リラ・モクセイ科)

    花言葉 : 思い出を大切に

・木犀(もくせい)科。                   
・学名  Syringa vulgaris                 
          Syringa  : ハシドイ属          
          vulgaris : 普通の、通常の      
    Syringa(シリンガ)は、ギリシャ語の    
    「Syrinx(笛、パイプ)」が語源。       
    枝から笛、パイプを作ったことから。      

・開花時期は、  4/15頃~  5/  5頃。
・ヨーロッパ南東部原産。                 
・「ライラック」は英語名。               
  イギリスでは5月祭の花になっている。   
・ハート型の葉っぱ。                     
・花は紫、白、赤など色さまざま。         
  密生して咲く。                         
・とてもよい香り。香水の原料にもなる。   

・冷涼地を好む。札幌市の花でもある。     
・花びらはふつう4枚だが、まれに         
  5枚のものがあり、それを見つけると     
  幸せになれるという言い伝えがある。     
・小型の類似種に姫ライラックがある。      

・別名  「リラ」                         
          (英語のLilacを、フランス語では
            「Lilas」と呼ぶことから)    
        「紫丁香花(むらさきはしどい)」。
  フランスで「リラの咲く頃」とは、       
  一番良い気候のことを指す。             

・似ている花へのリンク        花蘇芳

   季節の花 300 より  画像 North Dreams より

 ライラック は リラ ( lilac) フランスの英語名
 南ヨーロッパの山地に自生する 5月ころ 淡い紫色で
 4裂した長さ約1㎝の花を開き 芳香を放つ
 観賞用に栽培され 園芸等には淡紅色・白色がある

  昔 フランス映画に 「リラの門」 があった・
  「リラの花咲く頃」 の曲もあります・・

神戸港クルーズにて・川崎ドックの船・・ 

008
 画像はクリックで大きくなっていきます・・

エクスプローラ・オブ・ザ・シー の救命艇・・

011

EXPLORER of the SEAS

thenewtitanic16cc1
 エクスプローラ・オブ・ザ・シー 国籍バハマ・ナッソー

ワスレナグサ(忽忘草) ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉

3b480d27
NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉 4月24日

  ワスレナグサ(忽忘草・ムラサキ科)

     花言葉 : 私を忘れないで・誠の愛

・紫(むらさき)科。                      
・学名  Myosotis alpestris または         
        Myosotis scorpioides              
          Myosotis    : ワスレナグサ属    
          alpestris   : 亜高山の、草本帯の
          scorpioides : サソリの尾のような
    Myosotis(ミオソティス)はギリシャ語の  
    「myos(はつか鼠)+ otis(耳)」が語源。
    葉が短くて柔らかいことに由来。           

・ヨーロッパ原産。                        
・春から夏にかけて青または紫色の          
  かわいらしい花が咲く。5弁花。          
・「忘れ名草」とも書く。                  

・別名 「フォーゲットミーノット」         
          forget-me-not                   
    本来の名前。和名はこれの和訳。        
      ”私を忘れないでください”          

    ドイツの伝説で、                      
    ドナウ川の岸に咲くこの花を            
    恋人ベルタに贈ろうとして、            
    誤って川に落ちて死んでしまった        
    騎士ルドルフの物語からきている。      
    その後ベルタはその言葉を忘れず、      
    この花を一生髪に飾り続けた。          

・似ている花へのリンク       山瑠璃草  胡瓜草

    季節の花 300 より   画像も

 多年草 一年草としては観賞用に栽培 
 原産地のヨーロッパでは 水湿地に群生 
 春夏に巻尾状の花穂に藍色系の
 小花を多数つけます

明石城跡の桜・・

016 - コピー
 画像はクリックで大きくなっていきます・・

明石城跡 剛の池の鴨・・

013

赤ちゃんと桜・・

014
 アト 三人で写してあげました・・

オダマキ(苧環)

369a5ed1
NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉 4月23日

  オダマキ(苧環・キンポウゲ科)

     花言葉 : 勝利の誓い

・金鳳花(きんぽうげ)科。                   
・学名  Aquilegia flabellata (苧環)        
        Aquilegia buergeriana(山苧環)      
          Aquilegia   : オダマキ属           
          flabellata  : 扇状の               
          buergeriana : 日本植物の採集家     
                        「ブュルゲル」さんの 
    Aquilegia(アキレギア)は、                
    同じラテン語の「aquila(鷲)」が語源。       
    曲がった距(きょ)の部分が鷲(わし)の爪に 
    似ていることから。(別の説もあります)      

・開花時期は、  4/  1頃~  5/15頃。   
・花の形がかわっていておもしろい。           
・「苧(お)」という繊維を、中を空洞にして   
  丸く巻き付けたもの(苧玉(おだま))に     
  花の形が似ているところから。               
  ”苧(お)、玉(たま)、巻き(まき)”が   
  「苧環」という漢字で                       
  「おだまき」と呼ばれるようになった。       
・色はいろいろある。よく見るのは青紫のもの。  

・英語名の「コランバイン(Columbine)」は、    
  つぼみの形が鳩(同名)に似ていることから     
  名前がついたらしい。                       
・「小田巻」とも書く。                       
・別名  「糸繰草」(いとくりそう)。              

  しづやしづ  賎(しづ)のおだまき  繰り返し
             昔を今に  なすよしもがな            
                                  静御前(義経記) 

・似ている花  蓮華升麻(れんげしょうま)

          季節の花 300 より 画像も
 
観賞用 多年草 高山に自生する ミヤマオダマキ が原種といわれる
葉は白色を帯びた複葉 4~5 月頃 枝の頭に碧紫色または白色の
五弁花を開く 花弁の下端は突起を出す いとくり (広辞苑より)

地下鉄大国町駅・・

DSCN9744
 四つ橋線ホーム 住之江公園行・・

鶴見緑地線 大阪市営地下鉄・・

DSCN0019
 鶴見緑地の木下大サーカス会場に乗って行きました・

ヤマツツジ(山躑躅) ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉

dea41330
NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉 4月22日

  ヤマツツジ(山躑躅・ツツジ科)

     花言葉 : 燃える思い

属名 ツ
ツジ科ツツジ属

学名 
Rhododendrom obtusum

落葉低木(半落葉)。 樹高1~4m。 樹皮は灰黒色で縦に裂け目。
日本全国の山地に普通に見られる種類で日本のツツジの代表。 
枝に褐色の毛がある。
葉は単葉で互生。 枝の先端に輪生に集まる。 葉身は卵形または楕円形。
長さ2~5cm、幅は0.7~3cm。 葉の表面は緑色、裏面は灰緑色。
葉の両面とも毛が多い。 葉先は鋭頭。
花は朱色。 直径4cmほどで花びらの一片に濃い斑点がある。

北海道(南部)、本州、四国、九州の丘陵帯から山地帯下部に分布。
六甲山系では全山系で見られるが、特に山頂付近に多い。
果実は朔果。 長さ約1cmの卵形。

 花期、果期 花期4~6月  果期8~10月

 
神戸・六甲山系の樹木図鑑 より  画像 季節の花 300 より

  野に生える高さ 1 ~ 4 メートルの半落葉低木です。
  葉は互生し,両面に褐色の粗い毛が生えています。 
  やや小さい朱色~赤色 の花をつけます。
  雄しべは 5 本です。

            群馬大学 青木教授 HP より 
 

大阪南港フローラル団地の八重桜・・

DSCN0015
 2012・ 画像はクリックで大きくなります・・

八重桜 南港フローラルハイツ・・

DSCN0016
 画像はクリックで大きくなっていきます・・

サクラソウ(桜草) ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉

4311233b
NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉  4月21日

  サクラソウ(桜草・サクラソウ科)

    花言葉 : 少年時代の希望・青春

・桜草(さくらそう)科。                   
・学名  Primula sieboldii                  
          Primula   : サクラソウ属         
          sieboldii : 日本植物の研究者     
                      「シーボルト」さんの 
    Primula(プリムラ)は、                  
    「primos(最初)」が語源。               
    早春、花が他に先駆けて咲くことから。      

・開花時期は、  4/15頃~  4/  末頃。 
・日本原産。園芸品種多数あり。             
・都会ではほとんど見かけないが             
  植物園でよく植えられている。             

・ピンク色の可憐な花。白いのもある。       
・花はプリムラ(西洋桜草、マラコイデス)に 
  そっくりでまぎらわしいが、               
  葉っぱの形がちょっと異なる。              
           
・埼玉県と大阪府の県花(桜草)              

 
・似ている花         プリムラ(西洋桜草)  芝桜  九輪草

      季節の花 300 より 画像も 

 サクラソウ科さくらそう属 (プリムラ) は種類が多く
 北半球全体に250種もあるそうです
 春から夏にかけて 白・紅・紫・黄・絞りなどの美しい五弁花を開きます
 その一種の日本桜草は多年草で川原や山地に自生します
 江戸時代から園芸品種も多く 花は変化に富むので愛されている・・

     画像コチラ 白いサクラ草 ↓ 

        http://moonliget2.exblog.jp/15847214/

南港咲洲(さきしま)フローラル団地の桜 2012・

DSCN0010

大阪南港咲洲団地の桜・・

DSCN0006
 2012・ 画像はクリックで大きくなっていきます・・ 

中庭の桜・・

DSCN0009
 大阪南港フローラルハイツ・ 2012

ヤマブキ(山吹) ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉

1876f705
NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉 4月20日

  ヤマブキ(山吹・バラ科)

      花言葉 : 気品・待ちかねる

 ・薔薇(ばら)科。                         
・学名  Kerria japonica                    
          Kerria   : ヤマブキ属            
          japonica : 日本の                
    Kerria(ケリア)は、                     
    19世紀のイギリスの植物学者「Kerr さん」の
    名前にちなむ。                            

・開花時期は、  4/  1頃~  4/  末頃。 
  夏に再び少しだけ咲くこともある。         
・山の中に生え、花の色が蕗(ふき)に似て   
  金色で美しいことからこの名前に。         
  また、しなやかな枝が風にゆれる様子から   
  「山振」の字があてられ、じきに「山吹」に 
  なったとも。                             
・”やまぶきいろ”と呼ばれる鮮やかな黄色。 
  絵の具とか色えんぴつに「やまぶき色」と   
  いうのがありますね。                     
  「レモン色」というのもね。         
 
・イギリスでは                             
「イエロー・ローズ(黄色いバラ)」     
    「ジャパン・ローズ(日本のバラ)」     
  と呼ばれる。                             
・八重山吹と違ってこちらは一重(ひとえ)。 
・一重の山吹には実がつくが、               
  八重山吹には実がならない。                
 
  山吹の  立ちよそひたる  山清水         
         汲みに行かめど  道の知らなく      
            高市皇子(たけちのみこ)  万葉集
 
   花咲きて  実は成らずとも  長き日(け)に
          思ほゆるかも  山吹の花      万葉集
 
   蝦(かわづ)鳴く  甘南備河(かむなびがわ)に
        かげ見えて                         
          今か咲くらむ  山吹の花    万葉集
              厚見  王(あつみのおおきみ)  
 
  春雨の  露のやどりを  吹く風に         
      こぼれてにほふ  山吹の花            
                        金槐和歌集  源実朝  
 
    ほろほろと  山吹散るか  滝の音        
                               松尾芭蕉            
 
・「山吹」シリーズ     八重山吹  山吹草  山吹升麻

       季節の花 300 より 画像コチラも ↓ 


               
http://moonliget2.exblog.jp/15842046/

江戸城を築城したとされる室町時代の武将で歌人 大田道灌さん
    狩の途中 雨に合って 雨具を借りに とある農家を 訪れた

 その家の娘さんが申し訳なさそうに ただ山吹の枝花を差し出したとか・・
  蓑 (実の) 一つ無いのですよ・

大阪南港フローラルハイツの桜・・

DSCN0012
 2012・画像はクリックで大きくなっていきます・・

団地 中庭の桜・・

DSCN0013
 2012・ 画像はクリックで大きくなっていきます・・

大阪南港フローラルハイツの桜・・

DSCN0014
 2012・ 画像はクリックで大きくなっていきます・・

ヤグルマキク(矢車菊) NHK ラジオ深夜便 

f54e1985
NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉 4月19日

  ヤグルマキク(矢車菊・キク科)

     花言葉 : 教育

・菊科。                               
・学名  Centaurea cyanus               
          Centaurea : セントウレア属   
          cyanus    : 藍色の           
    Centaurea は、ギリシャ神話に出てくる 
    半人半馬の怪物、                     
    「Centaur(ケンタウルス)」の        
    名前にちなむ。                        

・ヨーロッパ原産。ドイツの国花。       
  明治初期~中期に渡来。               
・春から夏にかけて色とりどりの花が咲く。
・古代エジプトのツタンカーメン王の墓   
  からも発見された、由緒ある花。       
  (古代エジプトでは青い花が魔除けとされ
    王様のミイラの胸のところに飾られた)
・鯉のぼりの柱の先につける矢車に似ている
  ことから「矢車菊」の名前になった。  

・ヨーロッパ東南部や西アジアの麦畑の中に
  咲いていたことから、                 
  英名は「コーンフラワー」。           
・ドライフラワーにも利用される。       
・別名  「矢車草(やぐるまそう)」     

・似ている花へのリンク     ニゲラ  ストケシア
・「矢車」シリーズ     矢車菊  矢車草  矢車薄荷

     季節の花 300 より 画像も 

大阪南港からの夕日・・

DSCN9919 - コピー
 画像はクリックで大きくなっていきます・・

摩耶山方面に落ちる夕日・・

DSCN9920 - コピー

大阪市南港よりの夕日・・

DSCN9921 - コピー

キリシマツツジ(霧島躑躅) NHK ラジオ深夜便 

a9e2fd60
NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉 4月18日

  キリシマツツジ(霧島躑躅・ツツジ科)

     花言葉 : 燃え上がる愛

・躑躅(つつじ)科。                             
・学名  Rhododendron obtusum                     
          Rhododendron : ツツジ属                
          obtusum      : 鈍形の、円味を帯びた    
    Rhododendron(ロードデンドロン)は、           
    ギリシャ語の                                   
    「rhodon(バラ)+ dendron(樹木)」が語源。    

・開花時期は、  4/10頃~  5/10頃。       
・江戸時代19世紀半ばに、九州の久留米藩士が     
  育成したものが、九州から京都・江戸へと広まった。
  大紫躑躅より花は小さい。また、皐月とは花が     
  そっくりだが開花時期がちがうので区別できる。   
      久留米躑躅 → 4月中旬~5月上旬           
      大紫躑躅   → 4月下旬~5月上旬           
      皐月       → 5月中旬~6月中旬            

・花の色が濃い赤のものを                         
  「霧島躑躅(きりしまつつじ)」、               
  白、ピンク色のものを「久留米躑躅」と           
  区分けすることもあるらしいが、                 
  ここではひとくくりで「久留米躑躅」で           
  紹介させていただきました。                     
  (なかなかこまかい違いがわからないので・・・) 

・似ている花                           
   
三葉躑躅  大紫躑躅  玄海躑躅
   皐月  蓮華躑躅

          季節の花 300 より 画像も

             ↓ コチラの画像mo


    
http://moonliget2.exblog.jp/15831640/

鳴門大橋上空・・

331
 画像はクリックで大きくなっていきます・・

鳴門架橋・・

332
 画像はクリックで大きくなっていきます・・

淡路島 由良上空・・

333
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ