2010年12月

アオキ(青木) NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉

b0082885_113118100
NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉 12月31日

  アオキ(青木・ミズキ科)

     花言葉 : 若く美しく   (2004年の更新)

          画像 私だけの花図鑑 より

一般名:アオキ(青木)
学名:Aucuba japonica(アウクバ・ジャポニカ)
別名:ダルマ、Japanese Aucuba(ジャパニーズ・アウクバ)
科属名:ミズキ科アオキ属
界門網目:植物界被子植物門双子葉植物網ミズキ目
原産地:日本 分布:北海道~沖縄までの日本 環境:森林
樹高:0.5~4m 開花期:3~4月 結実期:10~翌年4月 
葉形:倒卵状楕円形、長楕円形 葉身:20cm 
葉色:緑・斑入り 葉縁:荒い鋸歯 果実形:楕円形 
果実色:赤・黄・白・橙 果実径:2cm

日陰に強く、北海道~九州の日本中の森林で自生する日本原産のミズキ目ミズキ科アオキ属の常緑低木です。
一年中、葉や枝が青いことから命名されました。
雌雄異株で、春、褐色/緑色の4弁花を咲かせます。
葉は名前の元になるほど青々と
した緑色ですが、黄色い斑入りのものに
'サルフレア・マルギナータ' Sulphrea Marginata があります。
葉形は楕円形で、葉質は硬く厚みがあり光沢があり、葉縁には荒い鋸歯があります。
秋~冬に光沢のある楕円形の赤い実を成らせ、翌年春までついています。果実の色は、赤の他、黄色、白、橙色があります。

     科学技術研究所(かぎけん)  より

 この木は私です(^_^;)  一年中青々しているから青木。
 私も, いつまでも青々としていたいものです
 (歳をとっても,いつになっても「あおい」と言われているかも知れませんが)。
 若干日陰を好むようです。
 春に紫色の花をつけ,冬に,赤い実をつけます。
    
           群馬大学 AOKI 教授 HP より  

   青木教授 今年も お世話になりました
   いろいろ教えて戴いたり 画像を沢山お借りしました
   また 来年度も ご教授の程 宜しくお願いします

ベニベンケイ(紅弁慶) NHK ラジオ深夜便 

karank6
NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉 12月30日

  ベニベンケイ (紅弁慶・ベンケイソウ科)

     花言葉 : 幸福を告げる    (2004年の更新)

・弁慶草(べんけいそう)科。 
  植物名:カランコエ  原産地:マダガスカル
・学名  Kalanchoe blossfeldiana  
          Kalanchoe : カランコエ属
          blossfeldiana : ドイツの
                    種苗会社の名前
     Kalanchoe は、中国名「加籃菜」の
     発音に由来するらしい。          

・秋から初冬にかけて咲く。       
  (温室ものは春まであるようです)
・葉っぱは多肉質。花色が鮮やか。 
・アフリカ東部のマダガスカル島を 
  中心とした、熱帯地方原産。     

・和名の由来 「紅弁慶(べにべんけい)」 
        赤く強壮な花なので。     

・似ている葉っぱへのリンク     ヒポシルタ
・カランコエ 「コエ」シリーズ     クローンコエ

     季節の花 300 より 画像も

カトレア NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉

ran0007
NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉 12月29日

   カトレア(蘭 ラン科)

       花言葉 : 優雅な女性   (2004年の更新)
                        
・学名  Cattleya     (カトレア)           
           カトレア属 (ラン科のカトレア属)

     熱帯アメリカ原産の蘭。              
     洋蘭の女王と呼ばれる。              
     この花をイギリスで最初に栽培した、  
     19世紀の園芸家キャトレイ(Cattley)   
     さんの名前からつけられた。          
     多くの国の国花になっている。        
       
     季節の花 300 より 画像も

ラン科の植物で中南米原産です。
その草姿から「洋ランの女王」と呼ばれることもあります。
園芸の品種改良も古くから進んでおり1800年代に改良された品種も記録としてちゃんと残っています。
カトレアとその近縁種は無数とも思われるくらいの品種があります。
特に定義というものがあるのかどうかは知りませんが、草丈によって「ミニ」・「ミディー」・(なにもつかない)カトレアの3グループに分けることもあります。
栽培が比較的しやすいのはミニカトレアで場所もとらず冬越しも8℃くらい保てば大丈夫です。

 http://moonliget2.exblog.jp/ 

の写真の品種は草丈40cm花の大きさは18cm。 

     ヤサシイエンゲイ  より                                              



温室、観葉植物  コーナーへ
 

ロウバイ (蝋梅)

roubai29
NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉 12月28日

  ロウバイ(蝋梅・ロウバイ科)

     花言葉 : 慈愛心・思いやり  (2004年の更新)

・蝋梅(ろうばい)科。                           
・学名  Chimonanthus praecox(蝋梅)             
        Chimonanthus praecox form. concolor      
              (素心蝋梅(そしんろうばい))     
          Chimonanthus : ロウバイ属              
          praecox      : 早熟の、早咲きの        
          concolor     : 同色の                  
    Chimonanthus(チモナンサス)は、ギリシャ語の   
    「cheimon(冬)+ anthos(花)」が語源。       
    「冬の花」を意味する。                          

・開花時期は、12/25頃~翌3/15頃(蝋梅)。
・お正月頃から咲き出す。                         
  花の少ない季節に咲く、うれしい花です。         
・とてもよい香り。                               
・中国原産、日本には17世紀頃に渡来。            

・「”蝋細工”のような、梅に似た花」から         
  「蝋梅」の名になったらしい。                   
  寒さや霜から身を守るために蝋細工状なのかな?   
  また、臘月(ろうげつ:陰暦の12月)に         
  梅に似た花を咲かせるところから、とも。         
  (「臘梅」の字で表わすこともある)。           
  ちなみに「蝋」と「臘」を組み合わせたような文字も
  あるが(虫へんに「臘」の右側)、JIS第3水準の  
  難字のため表現できませんでした。               

・よく見られるのは蝋梅のうちの                   
  「素心蝋梅(そしんろうばい)」。               
  花の外側だけでなく内側も黄色いのが特徴。       
  ふつうの「蝋梅」は内側がちょっと赤っぽい。     
  私が撮った写真はほとんどが「素心蝋梅」。 

・葉っぱは、ふつう花が咲く前に落葉するが、開花時に
  まだ残っていて徐々に落葉する場合もあるようだ。 
  表面はザラザラした感触。                       
・花のあとでできる実は、なんともユニークな形。   
  花の姿からは想像できない。                                

・「蝋梅」シリーズ    アメリカ蝋梅
  
 季節の花 300 より 画像も 
    他の画像も沢山有り実の画像も・

ナンテン  NHK ラジオ深夜便 

nanten6
NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉 12月27日

 ナンテン(メギ科)

    花言葉 : 福をなす・よき家庭   (2004年の更新)

・目木(めぎ)科。                       
・学名  Nandina domestica                
          Nandina   : ナンテン属         
          domestica : 国内の、その土地産の
    Nandina(ナンディナ)は、              
    日本語の「ナンテン」が語源。            

・開花時期は、  6/15頃~  7/10頃。
・花は比較的地味な白いもの。真ん中は黄色。
・漢名の「南天燭」を略して「南天」。     
  「なんてん」は「南天」を音読みしたもの。
・秋に赤い実をつける。                   
  鳥が食べない限り冬中見ることができる。 
          (鳥の大好物のようです)       
  実を乾燥させたものには「せき」止めの   
  効き目がある → のどあめがありますね。 
  また、葉には「ナンジニン」という成分を 
  含み、殺菌効果がある。            
 
福寿草の花と南天の実とセットで         
  「難を転じて福となす」という縁起物の   
  飾り付けがされることがある。           
  (特にお正月に多いですね)。また、     
  無病息災を願う「南天の箸(はし)」と   
  いうのもある。また防火・厄除けとして   
  庭先や鬼門にも植えられる。             
・京都の金閣寺の床柱は、南天の材を使って 
  いることで知られている。               

・似ている花     珊瑚樹

・似ている実                   
ピラカンサス  万両  がまずみ  飯桐

・「南天」シリーズ                       
南天  岩南天  お多福南天

   季節の花 300 より 画像も

 ナンテン(南天)は不浄を清めるということで,お手洗いの外に植えてあったりします。
 また,料理の飾りに南天の葉をあしらったり,ナンテンの箸というのも食あたりを防ぎ,
 長寿を祈願するということで好まれるようです。
 実は真っ赤で,雪兎を作ったときの目に埋め込みました。
 もちろん,耳はナンテンの葉です。

        群馬大学 AOKI 教授 HP より

 つい先日 センリョウ マンリョウ が出てきましたが よく似ています
 鳥が この実をあまり突かないのは何故でしょうね・・

フユベゴニア NHK ラジオ深夜便

0000-0311
NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉 12月26日

  フユベゴニア(シュウカイドウ科)

     花言葉 : 愛の告白    (2004年の更新)

 学名:Begonia cheimantha 
 別名 : クリスマスベゴニア  花期:冬~春

ベゴニア・冬咲き(クリスマスベゴニア)について

 名前の示すとおり、冬に花を咲かせるベゴニアでクリスマスから
お正月くらいまでの短い期間に鉢花として出回ることが多いです。
自然界には存在しない園芸品種でフランスの育種家によリ作り出された
’グロアール・ド・ローレイン’
(ベゴニア ソコトラナ×ベゴニア ドレーゲイ:1891年)
という品種が最初です。

その後も園芸品種が作り出されましたが それらも含めて
「ベゴニア・ケイマンタ」と言う品種群のひとつとされています。

 大きく分けてさし芽でふやす「栄養繁殖系」とタネからふやす
「実生系(みしょうけい)」に分けられます。
栄養繁殖系の代表的な品種は
’ミセス・J・A・ピーターソン’(通称ピーターソン)
’マリエッタ’、’スノー・プリンセス’ などがあります。
タネから育てるものは’ラブ・ミー’が有名で鉢花としても多く出回ります。

 花色は赤、ピンク、白などであまり豊富ではありませんが、株いっぱいに花を咲かせる姿はかわいらしく真冬の室内を彩ってくれます。

   ヤサシイエンゲイ より  画像も

クリスマスローズ NHK ラジオ深夜便 

kulisu13
NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉 12月25日

 クリスマスローズ(キンポウゲ科)

     花言葉 : 追憶      (2004年の更新)
        
・学名  Helleborus niger(クリスマスローズ)
         Helleborus orientalis              
                          (レンテンローズ)
          Helleborus : ヘレボラス属        
          niger      : 黒色の、黒い        
          orientalis : 東方の              
    Helleborus(ヘレボラス)は、ギリシャ語の 
    「地獄」に由来する。                     
    荒れた土地に自生することから。             

・いい名前ですねー。                       
  「クリスマスローズ」は、                 
  クリスマスの時期に咲く、バラ(ローズ)に 
  似た花、ということから命名。             
  多くは2月の節分頃から3月頃の開花だが、 
  クリスマスの時期に咲く品種もあるらしい。 
  「レンテンローズ」は、キリスト教の       
  レント(受難節、イースターまでの40日間)
  の頃に咲くためにそう呼ばれる。           
  季節で言うと2月頃から3月頃まで。        

・ヨーロッパ原産。                         
・白く清楚でやや大きめの花。ピンクもある。 
  神代植物公園でたくさん植栽されていた。   
  とても人気がある。                        

・花はなぜか下を向くものが多い。           
  (花を雪から守ってるのかな?)           
・学名の niger は、地下に横たわる、黒く短い
  ”根”にちなんだ名前。                   
  この根は、ヨーロッパでは古くから薬用として
  利用していたらしい。                     
・別名  「雪起こし(ゆきおこし)」、       
        寒さに強く、冬枯れの大地で雪を     
        持ち上げて花を咲かせるところから。 

・3月6日の誕生花(クリスマスローズ)     
        花言葉は「慰め」   

   季節の花 300 より 画像も

シャコサボテン NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉 

syakob5
NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉 12月24日

  シャコサボテン(サボテン科)

     花言葉 : 美しい眺め      (2004年の更新)
                                 
・学名  Zygocactus truncatus(蝦蛄葉サボテン)     
      (Schlumbergera属 との説もあり)             
          Zygocactus : ジゴカクタス属              
          truncatus  : 切られた形の                
    Zygocactus(ジゴカクタス)は、ギリシャ語の       
    「zygos(対をなす)+ cactus(サボテン)」が語源。
    ふしぶしに、対になった刺状突起があることから。    

・開花時期は、11/10頃~翌1/10頃。         
・ブラジル原産。明治時代に渡来。                   
・茎は四方に垂れ下がる。                           
・花は茎先に段々に咲く。咲き始めが見事。           
  色はピンクや赤。                                 
・茎が、海老に似た「蝦蛄(しゃこ)」               
  (寿司ネタで有名)に似ているところから命名された。
  また、ことわざで「蝦蛄で鯛を釣る」               
  (少ない元手で大きな利を得ること)というのがある。
 
・別名  「クリスマスカクタス」     クリスマスの頃に咲くサボテン、の意。     
・デンマークで品種改良された「デンマークカクタス」も
  花屋さんでよく見かける。                         
  これも蝦蛄葉サボテンの一種。                     
・「蟹葉(かにば)サボテン」というのも蝦蛄葉に     
  似ているが、                                     
  蟹葉サボテンは茎部分にはトゲトゲがなく、         
  開花時期は2~3月頃で蝦蛄葉より遅いので         
  両者区別できる。                                 

・サボテンシリーズ                                 
サボテン  孔雀サボテン  滝の白糸  月下美人
           
 季節の花 300 より 画像 デンマークカクタス も

 クリスマス・カクタスという別名が示すように,
冬の室内を華やかにしてくれるサボテンです。
サボテンとはいっても刺はなく,葉(本当は多肉質な茎)に
ギザギザがあるところがシャコに似ているからこの名前になりました。

 花を咲かせるこつは,
夏に水やりを控えて休眠状態にすることのようです。
また,花芽がついた後室内に移動させたりすると,
環境(気温)の変化のためにせっかくついた花芽が落ちてしまうので注意が必要です
花の形は華麗で,大空を翔る鳳凰のような印象を受けます。

          1997 群馬大学 AOKI 教授 HP より

ユズ(柚子) NHK ラジオ深夜便 

yuzu0011
NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉 12月23日

  ユズ(柚子・ミカン科)

     花言葉 : 健康美   (2004年の更新)

・蜜柑(みかん)科。                               
・学名  Citrus junos                               
          Citrus : ミカン属(シトラス)            
          junos  : ユズの古名ユノス(柚之酸)から  
    Citrus は、レモンの木に対する古い呼び名。        
    これが属名になった。                              

・柑橘類の中で最も耐寒性がある。                   
・実(み)は、香りや酸味を賞味する。               
・近縁種に「酢橘(すだち)がある。                 
・「 3年、8年、は酸い酸い13年、       
   柚子は大馬鹿18年、林檎ニコニコ25年」。    
  実を結ぶ時期のこと。                             
  何事も、時期が来なくてはできないというたとえ。   
  (ちょっと柚子には気の毒ですね)                  

■冬至いろいろ                                             
  冬至(12月22日頃。一年で昼間が最も短い日)   
 
1.ゆず湯                                         
  冬至の日には柚子の実をお風呂に入れます           
                        (柚子湯(ゆずゆ))。     
                参考 → 菖蒲湯(しょうぶゆ)(5月)
  「冬至に柚子湯」の由来は、             
    冬至(とうじ)→「湯治(とうじ)」(お湯に入る)
    柚子(ゆず)  →「融通(ゆうづう)」           
  つまり、”お湯に入って健康になって               
            融通よく暮らそう”、ということらしい。 
  また、柚子自体にも効能があって、柚子湯に入ると   
  風邪にひきにくくなり、皮膚も強くなるらしい。     

2.かぼちゃ                                       
  冬至の日には、かぼちゃを食べると厄除けになるとの 
  言い伝えもある。                                 

3.「ん」のつく食べ物                             
  冬至の日には、「ん」が2つつく食べ物を食べると   
  病気にかかりにくくなるともいわれている。         
    ★「ん」が2つ(冬至の七種)                   
            うんどん(うどん)                      
            かんてん(寒天)                        
       きんかん(金柑)                   
       ぎんなん(銀杏)                   
       なんきん(かぼちゃ)               
            にんじん                                
       れんこん(はす)                   

・蜜柑シリーズ    みかん  夏みかん  金柑  枸橘
      文旦  グレープフルーツ  仏手柑

          季節の花 300 より 画像も

ポインセチア(猩猩木科) NHK ラジオ深夜便

poinse6
NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉 12月22日

  ポインセチア(猩猩木・トウダイグサ科)

    花言葉 : 聖なる願い・博愛・祝福  (2004年の更新)

・灯台草(とうだいぐさ)科。               
・学名  Euphorbia pulcherrima              
          Euphorbia   : ユーフォルビア属   
          pulcherrima : 非常に美しい       
     Euphorbia(ユーフォルビア)は、          
     ローマ時代のアフリカのモーリタニア王の侍医
     「Euphorbus さん」の名にちなんだもの。   
     「Euphorbus さん」が、これらの植物の乳液を
     初めて薬に使ったところから。              

・11月から12月頃よく見かける。まっ赤。 
  (ほんとうはまんなかの黄色い部分が花)。 
  なんとなく”クリスマス近し”という感じ。 
  赤と緑の組み合わせがいい。               
・アメリカの駐メキシコ大使のポインセット氏が
  メキシコで発見し、アメリカ帰国後に紹介して
  広まったことから「ポインセチア」になった。
・マダガスカルの国花。                     

・別名  「猩猩木」(しょうじょうぼく)。   
        ”猩猩”は中国の想像上の怪獣で     
        猿のような顔をもち、毛は紅色。     
        赤い花なのでこの猩猩にたとえられたと
        思われる。                         
        (猩猩=オランウータン、の説あり) 
・12月22日の誕生花(ポインセチア)     
      花言葉は「聖なる願い」    

・「猩猩」シリーズ      猩猩袴  猩猩草  猩猩木
・「ユーフォルビア」シリーズ     野漆  灯台草  猩猩草 
              初雪草 花麒麟  尾瀬沼大戟

          季節の花 300 より 画像も

 クリスマスのシンボル的な植物ですね。
 赤いのは花ではありません。冬が近づいて日照時間が短くなると,
 枝の先の方の葉が赤く染まります。
 白くなるものもありますが,ポインセチアは赤に限ると思います。

          文 群馬大学 AOKI 教授 HP より 

    花の部分の拡大画像はコチラ ↓

       http://moonliget2.exblog.jp/



 

ケヤキ(欅) NHK ラジオ深夜便 

keyaki31
NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉 12月21日

   ケヤキ(欅・ニレ科)

      花言葉 : 重厚     (2004年の更新)

・楡(にれ)科。                                     
・学名  Zelkova serrata                              
          Zelkova : ケヤキ属                         
          serrata : 鋸歯のある                       

・30mぐらいの高さになる。                         
・日本の代表的な広葉樹。寿命が長い。                 
  街路樹に多い(関東地方で特に多い)。「ケヤキ並木」。
・放射状に広がる独特の樹形。花や実は全く目立たないが、
  この樹形(特に落葉後の冬)でケヤキとすぐわかる。   
  秋の紅葉もとてもきれい。                           
  葉っぱの色は、木によって                           
  「赤に近い茶」「茶」「黄色」などに分かれるようだ。  

・材は堅く、木目も美しい。湿気にもよく耐える。       
  木目が美しいところから「異(け)やけき木」と呼ばれ、
        (「けやけし」=他のものより目立っている)、 
  「けやけきき」→「けやけき」→「けやき」と         
  変化していった。                                   
・建築材として良材で、                               
  家具材、細工物としても利用される。                 
・宮城県、福島県、埼玉県の県の木。                    

  早来(はやき)ても  見てましものを               
      山城(やましろ)の  高(たか)の槻群(つきむら)
                                      散りにけるかも
                万葉集  高市黒人(たけちのくろひと) 

・似ている木    秋楡(あきにれ)   椋の木(むくのき)

     季節の花 300 より  

 画像 6本の雄しべがある雄花 自然の工房 より ↓ 文も

ケヤキの花は、葉の展開と同時(4月)に開く。
雌雄同株であり、どこかに雌花が咲いているはずであったが、
見つけることができなかった。
樹高の高い樹木は厄介である。
新しい枝の基部に雄花が、先端に雌花が付くという。

雄花は4~5裂する赤い花被の中に4~6コの雄しべがある。
おしべの先端にある葯は2つの袋からなっており、
これが大きく裂開して一挙に花粉を放出しているように見える。

・初夏には目をなごませる緑を,夏には涼しい木陰を,秋には紅葉を,
 冬には寒空にきれいな樹形を描きます。 
 ケヤキの種は,枝の先端の小さな葉の付け根についています。
 冬になると枯葉のついたまま枝先からおれて,風に吹き飛ばされていきます。

         群馬大学 AOKI 教授 HP より                  

アロエ (ユリ科) NHK ラジオ深夜便 

aroe0011
NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉 12月20日

  アロエ(ユリ科)

     花言葉 : 復活    (2004年の更新)

・百合(ゆり)科。                         
・学名  Aloe arborescens                   
          Aloe        : アロエ属           
          arborescens : 木質の、木本状に育つ
    Aloe(アロエ)の名は、アラビア語の       
    「alloeh(苦味のある)」のことばから。    

・開花時期は、11/15頃~  2/10頃。 
・アフリカ原産。                           
・花が咲くものと咲かないものがある。       
  鉢植えしているものは咲きにくいようだ。   
・橙色の花。                               
・葉は肉質でギザギザ。健康食品となるが     
  すごく苦い♪。別名「医者いらず」。       
  整腸や胸やけ、やけどによく効くらしい。   
  (私も子どもの頃、病気になると           
    食べさせられました。効いたっけ?)     
・夏咲きもあります。→ アロエ(夏咲き)     

・日本で栽培されるのは、ほとんどが         
  「木立(きだち)アロエ」という種類。     
  この場合、名前としては                   
  「木立蘆薈(きだちろかい)」の方が       
  とおりがいいですね。                     
  ”蘆薈(ろかい)”は、                   
  昔、「aloe」を「ロエ」と音読みしたものに 
  「蘆(ろ)」と「薈(え:会)」の漢字を   
  つけたものです。                         
       木立アロエ(キダチアロエ)          
    = 木立蘆薈  (キダチロカイ)          
    = アロエ・アルボレスケンス(学名読み)

・葉っぱの幅が広い「アロエ・ベラ」という種類
  もある。ヨーグルト等で使われるのはこちら。
  葉っぱは苦くない。                     
 
・似ている花       トリトマ
・「アロエ」シリーズ      アロエ  花アロエ

      季節の花 300 より 画像も

このアロエの葉は 何処でも見られる肉太葉で薬草
ですが なかなか花の咲いているのを見かけないですね・

 

シクラメン NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉

8499b
NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉 12月19日

  シクラメン(サクラソウ科)

     花言葉 : 内気なはにかみ・理解   (2004年の更新)

・桜草(さくらそう)科。                     
・学名  Cyclamen persicum                    
          Cyclamen : シクラメン属            
          persicum : ペルシャの              
  Cyclamen(シクラメン)は、ギリシャ語の     
  「kiklos(円)」が語源。                   
  塊根が丸い球形のようなところから。         
学名 C へ


・開花時期は、10/25頃~翌4/20頃。   
・地中海沿岸地方原産。明治末期に渡来。       
・よく花屋さんで見かける。                   
・花弁が上に強くそりかえっている。           
・初冬から春まで咲く。                       
  年末年始頃から室内でもよく飾られる。       
  色はさまざま。鑑賞用の園芸植物。           
  寒さに強い品種のことを                     
  「ガーデンシクラメン」と呼ぶ。             
  また、園芸では「ミニシクラメン」と呼ぶことが多い。
・1月7日、2月4日、12月8日の誕生花     
・花言葉は「清純、思慮深い、内気、はにかみ」  
 
・別名  「篝火花」(かがりびばな)、         
            花の形が、ひっくりかえったような 
            形であるところから、篝火を連想。 
        「豚の饅頭」(ぶたのまんじゅう)。   
            シクラメンの原産地であるトルコや 
            イスラエルの方で、野生の豚が     
            シクラメンの球根を食べたことから。
            豚にとってはシクラメン
       豚にとっては饅頭がわり、         
            ということで・・・。             

・似ている花    片栗

      季節の花 300 より

フタバアオイ(双葉葵) NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉

futaba5
 NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉 12月18日

 フタバアオイ(双葉葵・ウマノスズクサ科)

    花言葉 : 細やかな愛情    (2004年の更新)

・馬の鈴草(うまのすずくさ)科。       
・学名  Asarum caulescens              
          Asarum     : カンアオイ属    
          caulescens : 茎のある        
    Asarum(アサラム)は、ギリシャ語の   
    「a(無)+ saroein(装飾)」、または
    「a(無)+ saron(小枝)」に由来。  
                           (諸説あり)
・山地などに生える。                   
・茎は地をはって延びる。               
・葉っぱの形がおもしろい。ハート形。   
  葉っぱが2枚、近くにつくところから   
  「双葉」の名になったとのこと。       
  徳川家の家紋として有名。             
  家紋は、この葉が3枚使われたデザイン。
    ”葵の御紋(あおいのごもん)”     
・京都の下鴨(しもがも)神社のご神紋。   
  毎年5月中旬に行われる、下鴨神社の   
  「葵祭り」のシンボル。               
・4月頃、おもしろい形の花が咲く。     

・「二葉葵」とも書く。                 
・別名 「賀茂葵(かもあおい)」        

・似ている花      葉蘭
・「葵」シリーズ       立葵  寒葵 

   季節の花 300 より 画像も

ビワ(枇杷) NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉

biwa00
NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉 12月17日

  ビワ(枇杷・バラ科)

     花言葉 : ひそかな告白・温和     (2004年の更新)

・薔薇(ばら)科。                         
・学名  Eriobotrya japonica                
          Eriobotrya : ビワ属              
          japonica   : 日本の              
    Eriobotrya は、ギリシャ語の              
    「erion(軟毛、羊毛)+ botrys(葡萄)」 
  が語源。  表面が白い軟毛で覆われた実が、 
  ぶどうのような房になることから。          

・開花時期は、11/  5頃~12/25頃。 
・中国、日本原産。                         
・葉の形が楽器の琵琶(びわ)に似ているところ
  から名づけられた。「枇杷」の字は漢名から。
・花は白い地味なもので気づきにくい。       
・翌年5月頃、実がなる。店頭に並ぶのは     
  5月と6月頃。すごく甘い。タネがでかい。 
  種類としては長崎市の「茂木(もぎ)枇杷」と、
  「田中枇杷」の2種類が多い。             
  「茂木」は実がやや長めで「田中」は丸い。  

・「桃栗3年、柿8年」ということわざがあるが
  さらに「ビワは9年でなりかねる」ということ
  わざもあるらしい。                       
  (実はなかなかできないらしいです)       
・葉は厚くて固く、薬用になる。             
  関節の痛みによく効くらしい。             
  また、ビワの葉を2枚、産毛のあるほう(裏)
  をこすり合わせて患部に貼るのも効き目が   
  あるらしい。                             
・材は粘り強いので                         
  木刀、杖、くし、印材などに使われる。     
・「比波」と書くこともある。               

・「枇杷」シリーズ    浜枇杷  犬枇杷

     季節の花 300 より  画像も

木は高さ 10m 程の大木になる 晩秋帯黄白色の花を咲かす
小花だがあまり美しいとは言えないが 佳香がある
翌年の初夏 お馴染みの 甘く美味しい果実をつける
木の幹は 木刀に使われる
磨けば艶が出て硬く粘りがあるからだろう・・ 

          群馬大学 AOKI 教授 HP より 

カンギク(寒菊) NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉

kangiku02_1
NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉 12月16日

   カンギク(寒菊・キク科)

  
  花言葉 : 繊細       (2004年の更新)

 原産:中国
 別名:寒咲キギク
 英名:Florist's chrysanthemum
 学名:Chrysanthemum

キクを開花時期で分類すると、秋菊、寒菊、夏菊、夏秋菊など。
秋に咲く一般的な菊に対して年末に咲く種類の菊を寒菊といいます。
色はたいてい黄色か白です。

 黄色の寒菊の画像は コチラ ↓

    http://moonliget2.exblog.jp/

センリョウ(千両) NHK ラジオ深夜便 

manryo32
NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉  12月15日

  センリョウ(千両・センリョウ科)

       花言葉 : 富・可憐     (2004年の更新)

 ・学名  Chloranthus glaber(千両)                   

        Chloranthus : センリョウ属        
        glaber      : 無毛の、平滑な      
              
     Chloranthus(クロランサス)はギリシャ語の
    「chloros(黄緑)+ anthos(花)」が語源。
 
・万両と千両の名前の違い。                 
  千両は葉の上の方に実をつけるので  鳥に食べ
  られやすく、万両は葉の下に実をつけるので 
  食べられにくく、                         
  その分、実がしっかり残るから・・。       
  または、万両は垂れ下がり、千両は上向きに 
  つくので、万両の方が重い、千両は軽い、   
  とのことから名づけられたともいわれる。   
                        (諸説あります)   
  百両や十両はそれらに比べ背が低く、実の数も
  少ないからことから、こう名づけられた、   
  との説があります。                        

・千両は江戸時代後期までは「仙蓼」の字で   
  表現された。                             
・12月29日の誕生花(千両の実)         
   花言葉は「富、財産」(千両の実)          

・似ている実へのリンク    南天  がまずみ 
        ピラカンサス  冬青(そよご)

    季節の花 300 より 画像も

因みに ナンテン (南天) は メギ科の常緑低木で 中国大陸原産
葉は羽状で夏 白色の小六弁花を総状につける  (広辞苑)

晩秋から冬 球状で赤色の果実をつける 暖地に自生し また観賞用に
    植栽する 実は マンリョウ センリョウと よく似ている

 雪で作った うさぎ・・ 目を赤い実で 耳に葉を使いました…

フユザクラ(冬桜) NHK ラジオ深夜便 

jyugat15
NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉 12月14日

   フユザクラ(冬桜・バラ科)

       花言葉 : 冷静      (2004年の更新)

・薔薇(ばら)科。                             
・学名  Prunus × subhirtella cv. Autumnalis   
                                    (十月桜) 
          Prunus      : サクラ属               
          subhirtella : やや短い剛毛のある     
          autumnalis  : 秋の、秋咲きの         
    Prunus(プラナス)は、                       
    ラテン古名の「plum(すもも)」が語源。        

・開花時期は、10/20頃~翌1/10頃。     
  (二度咲き→  3/20頃~  4/10頃)。   
・花弁は八重で、白、または、うすピンク色。     
・全体のつぼみの3分の1が10月頃から咲き、   
  残りの3分の2は春に咲く。2回楽しめる。     
  春の花のほうが少し大きいらしい。             
  冬に「季節はずれに桜が咲いてるな」というときは
  この十月桜であることが多い。                 
・冬、春ともに、葉があるときに咲くことが多い。  

・同様に秋から冬にかけて咲く桜が「冬桜」。      
         
  十月桜と冬桜は似ているが、                   
  花弁は、十月桜は”八重”で、冬桜は”一重”。  
 
  十月桜も含めて、秋から冬にかけて咲く桜のことを
  総称して「冬桜」と呼ぶこともあるようだ。     

・秋冬に咲く「桜」には 子福桜 もある。         

・似ている花              姫林檎
      八重桜  枝垂桜  寒桜   アーモンド

     季節の花 300 より 画像も

    十月桜 の画像は http://moonliget2.exblog.jp/

大阪南港 咲洲 (さきしま) 花の町団地・・

_DSC2836
 画像はクリックで大きく 更にクリックで更に大きくなります・・

大阪南港 咲洲 (さきしま) 団地・・

_DSC2837

大阪南港 咲洲 (さきしま) 団地・・

_DSC2838
 画像はクリックで大きく 更にクリックで更になります・・

大阪南港 咲洲 (さきしま) 団地 ポートタウン東駅付近・・

_DSC2843
 後ろの建物は管理センター・・

咲洲 (さきしま) フローラル団地・・

_DSC2853
 桜の樹の紅葉です・ 画像はクリックで大きくなります・・

ヤツデ(八つ手) NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉

yatude2
NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉 12月13日

  ヤツデ(八つ手・ウコギ科)

      花言葉 : 分別    (2004年の更新)

・五加(うこぎ)科。                           
・学名  Fatsia japonica                        
          Fatsia   : ヤツデ属                  
          japonica : 日本の                    
  Fatsia は、日本語の「八(はち)」または      
  「八手(はっしゅ)」の読みに由来する。        

・開花時期は、11/  5頃~12/10頃。     
・日陰でもよく育つ。                           
・掌状に7~11裂する葉を手に見立てたもの。   
  実際には7裂または9裂するものが多いようだ。 
  「八」は”数が多い”という意味からの命名。   
・別名  「天狗の羽団扇」(てんぐのはうちわ)。 
  でかい葉っぱに魔物を追い払う力があると       
  考えられてこの別名になった。                 

・似ている花      木蔦
・似ている葉っぱ    隠れ蓑  無花果(いちじく)  丹頂草
黄蓮華升麻
・「八手」シリーズ   八手  紙八手

      季節の花 300 より 画像も

マンリョウ(万両) NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉

manryo9
NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉  12月12日

  マンリョウ(万両・ヤブコウジ科)

      花言葉 : 寿ぎ (ことほぎ)    (2004年の更新)

・万両、百両、十両は薮柑子(やぶこうじ)科。
  千両は千両(せんりょう)科。             
・学名  Ardisia crenata   (万両)         
        Chloranthus glaber(千両)         
        Ardisia crispa    (百両)         
        Ardisia japonica  (十両)         
          Ardisia     : ヤブコウジ属       
          Chloranthus : センリョウ属       
          crenata     : 円鋸歯状の         
          glaber      : 無毛の、平滑な     
          crispa      : 縮れた、皺がある   
          japonica    : 日本の             
    Ardisia は、ギリシャ語の                 
    「ardis(鎗(やり)先)」が語源。        
    おしべの形がとがっているかららしい。     
    Chloranthus(クロランサス)はギリシャ語の
    「chloros(黄緑)+ anthos(花)」が語源。

・万両の花は7~8月頃に咲き、             
  12月頃から冬にかけて実が赤くなる。     
  万両のなかには実が白い種類もある。       
・万両の実はずーっと長い間残る(冬にできた 
  実が次の冬まで残っていることもある)。   
・正月の縁起物に使われる。                  
 
・万両と千両の名前の違い。                 
  千両は葉の上の方に実をつけるので  鳥に食べ
  られやすく、万両は葉の下に実をつけるので 
  食べられにくく、                         
  その分、実がしっかり残るから・・。       
  または、万両は垂れ下がり、千両は上向きに 
  つくので、万両の方が重い、千両は軽い、   
  とのことから名づけられたともいわれる。   
                        (諸説あります)   
  百両や十両はそれらに比べ背が低く、実の数も
  少ないからことから、こう名づけられた、   
  との説があります。                        

・百両の別名  「唐橘(からたちばな)」。   
  十両の別名  「薮柑子(やぶこうじ)」。   
        薮柑子は、薮の中に自生していて、   
        葉の形などが柑子(こうじ)みかんに 
        似ていることから。実は赤い。       
    百両 → 葉っぱが細長くギザギザがない。 
            千両、万両より背が低い。       
    十両 → 百両より背が低い。葉っぱギザギザ
・千両は江戸時代後期までは「仙蓼」の字で   
  表現された。                             
・12月29日の誕生花(千両の実)         
    花言葉は「富、財産」(千両の実)       
 
  吾が屋前(には)の  花橘の  いつしかも 
      珠(たま)に貫(ぬ)くべく  その実成りなむ                    
                 万葉集  大伴家持                
 
  この雪の  消残る(けのこる)時に       
       いざ行かな  山橘の  実の照るも見む  
             (山橘=十両:薮柑子)             
                 万葉集  大伴家持        
  
・似ている実     南天  がまずみ  ピラカンサス  冬青(そよご)

   季節の花 300 より 赤い実の画像は ↓

      http://moonliget2.exblog.jp/

ヤドリギ(寄生木) NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉

6d15
 NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉 12月11日

   ヤドリギ(寄生木・ヤドリギ科)

       花言葉 : 困難に打ち勝つ   (2004年の更新)

・寄生木(やどりぎ)科。                   
・学名  Viscum album var. coloratum        
          Viscum    : ヤドリギ属           
          album     : 白い                 
          coloratum : 彩色された           
     Viscum は「鳥黐(とりもち)」に由来。    
     粘性に関係するものと思われる。            

・落葉樹の木に寄生し、その幹から養分などを 
  吸い取って生息する。                     
  冬、落葉したあとで、ヤドリギの           
  丸っこい茂みが目立つことがある。         
  茂みは枝と葉っぱの固まり。               
  ターゲットにされるのは、桜、ブナ、ケヤキ、
  ミズナラ、コナラ、榎(えのき)、         
  ヤマナシ、栗など。                       

・春、黄色い花が咲き、秋に実がなる。       
  実の中には粘り気成分のあるタネがある。   
・別名  「寄生(ほや、ほよ)」              

 あしひきの  山の木末(こぬれ)の       
      寄生(ほよ)取りて                   
        挿頭(かざ)しつらくは             
      千年(ちとせ)寿(ほ)くとぞ     万葉集  大伴家持       

     ・寄生植物         南蛮煙管  寄生木

    季節の花 300 より 画像 図説植物用語事典 より 

 なお ヤドリギの樹と 花のアップ画像はコチラ ↓ を見てね・

            http://moonliget2.exblog.jp/

フユサンゴ(冬珊瑚) NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉

fuyusa9
 NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉 12月10日

   フユサンゴ(冬珊瑚・ナス科)

       花言葉 : 神秘的    (2004年の更新)

・茄子(なす)科。                         
・学名  Solanum pseudo-capsicum            
          Solanum         : ナス属         
          pseudo-capsicum : トウガラシに似た
     Solanum(ソラナム)は、ラテン古名の      
     「solamen(安静)」が語源。この属の植物に
     鎮痛作用を持つものがあることから。       

・ブラジル原産、明治中期に渡来。           
・夏から冬にかけて鮮やかな色の丸い実を     
  いっぱいつけるので、その姿を珊瑚に見立て、
  時期と合わせて「冬珊瑚」という名前に     
  なったとのこと。                         
  実の色の遷移がおもしろく、               
  花を咲かせたあとで緑色の実になり、       
  それが順々に緑 → 黄 → 橙、に色づく。   
  いろんな段階の色の実が同居して、         
  緑色の実、黄色の実、橙色の実が           
  ほぼ同時に楽しめる。                     
・実はきれいだが毒があるらしく、           
  食用にはならない。                       
・寒さに強い。                              

・別名「ビッグボーイ」                     
      「クリスマスチェリー」               
      「玉珊瑚(たまさんご)」             
    いずれも実の形からの命名のようですね。 

・似ている花      茄子
・似ている実      五色唐辛子
・「珊瑚」シリーズ      珊瑚樹  珊瑚刺桐  珊瑚花  壺珊瑚  冬珊瑚

         季節の花 300 より 画像も

羽ばたき 大阪南港 咲洲 (さきしま) 花の町団地・・

_DSC2798
 画像は全てクリックで大きく 更にクリックで更に大きくなります・・

団地の鴨さん 大阪南港 咲洲 (さきしま) 花の町にて・・

_DSC2816

大阪南港 咲洲 (さきしま) 団地にて・・

_DSC2810

大阪南港 咲洲 (さきしま) 花の町団地の鴨さん・・

_DSC2824

大阪南港 咲洲 (さきしま) フローラル団地にて・・

_DSC2830
 画像はクリックで大きくなります・・

スイセン(水仙) NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉

suisenL4
NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉 12月9日

  スイセン(水仙・ヒガンバナ科)

      花言葉 : 自己愛・崇高   (2004年の更新)

・彼岸花(ひがんばな)科。               
・学名  Narcissus tazetta var. chinensis 
                              (日本水仙)
          Narcissus : スイセン属         
          tazetta   : 小さいコーヒー茶碗 
                            (イタリア語)
          chinensis : 中国の             
    Narcissus(ナルキッサス、ナルシサス)は
    ギリシャ神話の美少年の名前にちなむ。    
 
・開花時期は、12/15頃~翌4/20頃。
  早咲きものは正月前にはすでに咲き出して 
  いる(「日本水仙」「房咲き水仙」などの 
  早咲き系は12月から2月頃に開花)。   
  3月中旬頃から咲き出すものは花が       
  ひとまわり大きいものが多い。           
  (「ラッパ水仙」や「口紅水仙」などの   
      遅咲き系は、3月から4月頃に開花) 
・地中海沿岸原産。平安末期に中国から渡来。
 
・漢名の「水仙」を音読みして「すいせん」に
  なった。漢名は「仙人は、天にあるを天仙、
  地にあるを地仙、水にあるを水仙」という 
  中国の古典から。                       
  きれいな花の姿と芳香がまるで「仙人」の 
  ようなところから命名された。           
・学名でもある英名「ナルシサス」はギリシャ
  神話の美少年の名前で、泉に映った自分の 
  姿に恋をして毎日見つめ続けたら         
  いつのまにか1本の花になってしまった。 
  ”ナルシスト”の名はここからくる。     
・イギリスの国花の一つです。              
 
・いろいろな種類がある。                 
  「日本水仙(にほんずいせん)」が       
  最もポピュラー。                       
    別名  「雪中花(せっちゅうか)」      
          雪の中でも春の訪れを告げるので。
・福井県の県花(水仙)                    
  
  水仙の  花の高さの  日影かな        
              河合智月(かわいちげつ)    
 
  水仙の  香やこぼれても  雪の上      
              加賀千代女(かがのちよじょ)
 
   初雪や  水仙の葉の  たはむまで      
              松尾芭蕉                    
 
  水仙や  白き障子の  とも映り        
              松尾芭蕉                    
 
   水仙や  寒き都の  ここかしこ        
              与謝蕪村      
 
・東京周辺の見どころ                     
  <伊豆半島爪木崎>                     
        伊豆半島の南東部の               
        爪木崎(つめきざき)に群落あり。 
        冬咲き種。強く甘い香り。         
        花見頃12月下旬~1月中旬。     
        下田市須崎。                     
        最寄駅 → 伊豆急下田駅           

・他に全国的に有名なところとして、       
  福井県の越前海岸、房総半島、           
  兵庫県淡路島の黒岩水仙郷などがある。   

・似ている花      鈴蘭水仙
・「水仙」シリーズ     ペチコート水仙  

  季節の花 300 より   画像は 四季の山野草 より

咲洲 (さきしま) 団地・・


_DSC2727 大阪南港 咲洲 (さきしま) 高校前にて・・

大阪南港 咲洲 (さきしま) 団地・・

_DSC2732
 画像はクリックで大きくなります・・

大阪南港 咲洲 (さきしま) 団地・・

_DSC2733

大阪南港 咲洲 (さきしま) フローラル団地・・

_DSC2744

中庭 桜の樹の紅葉・・

_DSC2735
 画像はクリックで大きくなります・・

チャ (茶) NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉 

cya0001
NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉 12月8日

  チャ(茶・ツバキ科)

        花言葉 : 追憶      (2004年の更新)

・椿(つばき)科。                                           
・学名  Camellia sinensis                                    
          Camellia : ツバキ(カメリア)属                    
          sinensis : 中国の                                  
    Camellia は、17世紀のチェコスロバキアの                    
    宣教師「Kamell カメル」さんの名にちなむ。                   

・開花時期は、10/  5頃~11/20頃。                   
・白い花をやや下向きに咲かせる。                             
椿(つばき)山茶花(さざんか)の仲間。                   
・「ちゃ」は、中国語の「茶」を音読みしたもの。               
・葉はいわゆるあの”お茶っ葉”になります。                    

【お茶について】      (◆-いろんなお茶の名前)             
1.◆緑茶(お茶の葉を発酵させないで作ったお茶)             
    緑茶にもいろいろ種類があります。                         
  (1)4月下旬から5月上旬頃に摘む、その年の最初の新芽を   
        使用したお茶。5月2日頃の”八十八夜(立春から数えて 
        88日目)の茶つみ”で知られます。これらは、         
        ◆「煎茶(せんちゃ)」や◆「一番茶」と呼びます。     
          「煎茶」と同じ品種でやや高級なものに               
          「玉露」と「抹茶」があります。                     
            ◆「玉露(ぎょくろ)」                           
                  栽培に手間がかかる、やや高級品。           
            ◆「抹茶(まっちゃ)」                           
                  抹茶アイスクリームなんかがありますね。     
  (2)夏以降の新芽でつくる二番茶、三番茶。                 
        ◆「番茶(ばんちゃ)」と呼びます。葉が大きい。       
          これと同じ品種に「玄米茶」と「ほうじ茶」があります。
            ◆「玄米茶(げんまいちゃ)」                     
                  番茶に、炒(い)ったお米を混ぜたもの。     
            ◆「焙じ茶(ほうじちゃ)」                       
                  番茶を強火で炒(い)ったもの。             
                  「焙(ほう)じる」とは、強火であぶって     
                  湿気をとること。                           

2.◆ウーロン茶(お茶の葉を半発酵させて作ったお茶)         
        暑いときに冷えたの飲むとうまいよ♪                   

3.◆紅茶(お茶の葉を発酵させて作ったお茶)                 
        ミルクティー、レモンティー、ハーブティー・・・♪     

ちなみに「麦茶」は大麦などを焙(ほう)じたものです。  

  朝茶のむ  僧しづかさよ  菊の霜 (松尾芭蕉)              
 
   朝々や  茶がむ(う)まく成る  霧おりる (小林一茶)   

・似ている花      山茶花  薮椿  金花茶

         季節の花 300 より 画像も

セントポーリア(イワタバコ科) NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉

sentop7
 NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉 12月7日

  セントポーリア(イワタバコ科)

      花言葉 : 小さな愛      (2004年の更新)

・岩煙草(いわたばこ)科。                     
・学名  Saintpaulia ionantha                   
          Saintpaulia : アフリカスミレ属       
          ionantha    : スミレ色の花を持った   
     Saintpaulia(セントポーリア)は、            
     1892年にタンザニアで原種を発見した、     
     ドイツの男爵「セントポール・イレール」さんに 
     ちなんだ名前。                                

・アフリカのタンザニアの山の岩陰で自生して     
  いたことから、日光が直接当たらない暗い       
  ところでも育って花をつける性質がある。       
            (蛍光灯の光だけでも育つ)         
  花はほぼ1年中咲くようです。                 
・日本には明治末期に渡来。                     

・葉っぱは肉厚で卵形。株元から四方に伸びる。   
・花色は青やピンク、紫、白などいろいろ。       
・5000種以上もの品種がある。               
・別名「アフリカ菫(すみれ)」                 

・似ている花     ベゴニア  ストレプトカーパス

       季節の花 300 より 画像も

 和名は「アフリカスミレ(アフリカ菫)」ですが,いわゆる菫とは違います。
     ビロードのような毛の生えた丸い葉が特徴で,
 この葉を葉柄から切り取り
     挿し木をしておくと繁殖することができます。

        群馬大学 AOKI 教授 HP より

HENRI CHARPENTIER (アンリ・シャルパンティエ) のケーキ三昧 始まりま~す・・

_DSC2861

こんなのとか・・

_DSC2859

こんなのいかが・・

_DSC2860

シュークリームにしますか・?

_DSC2863

雪だるまバージョン・・

_DSC2862

苺のもあるよ・・

_DSC2867

マロンケーキだよ・・

_DSC2873

ヒイラギ(柊) NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉

hiirag6
 NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉 12月6日

   ヒイラギ(柊・モクセイ科)

      花言葉 : 用心・歓迎      (2004年の更新)

・木犀(もくせい)科。                     
・学名  Osmanthus heterophyllus            
          Osmanthus     : モクセイ属       
          heterophyllus : 種々の葉のある   
    Osmanthus(オスマンサス)は、ギリシャ語の
    「osme(香り)+ anthos(花)」が語源。   

・開花時期は、11/  1頃~12/20頃。 
  金木犀や柊木犀(ひいらぎもくせい)のあと、
  11月になってから咲く。                 
・葉は固くてギザギザ(さわると痛い)。     
  さわると「ひいらぐ(疼く。ひりひり痛む)」
  ことから、「ひいらぎぎ(疼木)」となり、 
  次第に「ひいらぎ」になった。             
  老木になるとこの刺がなくなり葉も丸くなる。
    (板橋区の神社で実際に見たことがある) 
  角(かど)がとれる、ということでしょうか。
  (それを人生になぞらえる向きもある)     
・葉には光沢あり。ぴかぴか。               
・よい香りの白い花(目立たないけど)。     
  花弁は強く反り返る。                      

★古くからその鋭いトゲによって邪気を払う木と
  され、庭に植える習慣があった。           
  また、鬼が目を突かれて退散したという伝説 
  (別名「鬼の目突(おにのめつき)」)から、
  2月の節分(せつぶん)には、             
    ・柊の枝葉を戸口に立てて、その葉っぱの 
      とんがりで鬼を追い払う。             
    ・イワシの頭を柊の枝の先端に刺して     
      その匂いで鬼を退散させる。           
    ・豆がらをたくさん巻き付けて、         
      ガラガラ音を鳴らして鬼を退散させる。 
  という厄除けの習慣が現在も残っている。   

  また、ネズミが通り抜けるようなところへ   
  柊の枝葉を立てておくと、ネズミもトゲを   
  恐れて通らなくなるという”効き目”も     
  あったらしい。                           
  また、中国では鬼を爆竹の音で追い払う慣習が
  あるが、ヒイラギも葉をくべると葉が膨張して
  はぜるので、その音で鬼は逃げていく、     
  という話もある。                         

・12月24日の誕生花(柊)               
・花言葉は「先見の明」(柊)               

・クリスマスの飾りでよく使うのは、         
  この「柊」ではなく、                     
  柊黐(ひいらぎもち)。                     
  (赤い実。 葉っぱのとげの形も違う)       

   柊の  葉の間より  花こぼれ    高浜虚子 


・似ている花       金木犀  銀木犀  柊木犀
・「柊」シリーズ         柊南天  柊木犀  柊黐
・「木へん」の春夏秋冬シリーズ     椿      柊

     季節の花 300 より 画像も
 

ツワブキ(石蕗) NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉

tuwabu4
NHK ラジオ深夜便 今日の誕生花と花言葉 12月5日

  ツワブキ(石蕗・キク科)

      花言葉 : 困難に負けない   (2004年の更新)

・菊(きく)科。                           
・学名  Farfugium japonicum                
          Farfugium : ツワブキ属           
          japonicum : 日本の               
    Farfugium(ファルフジウム)は、ラテン語の
    「farius(列)+ fugus(駆除)」が語源、 
    といわれるが諸説あり。                    

・開花時期は、10/15頃~11/  末頃。 
・葉は蕗(ふき)に似ている。               
  名前は”つや”のある葉から、”つやぶき”。
  それが変化して「つわぶき」になった。     
・きれいな黄色の花。                       

・冬から春にかけて、若葉をつみとって       
  塩ゆでにするとおいしいらしい。   
葉を火であぶったものは腫れ物や湿疹に     
  薬効がある。                             
・「キャラブキ」や                         
  九州名産の「佃煮キャラブキ」は、         
  このつわぶきの葉っぱで作られる。         
・12月28日の誕生花             
   花言葉は「困難に傷つけられない」         

   石蕗(つわぶき)の  日陰は寒し  猫の鼻
              酒井抱一(さかいほういつ)    
 
  いくたびか  時雨(しぐれ)のあめの     
    かかりたる  石蕗の花も  つひに終はりぬ
              斎藤茂吉(さいとうもきち)   

・似ている花     樊かい草(はんかいそう)  ユリオプスデージー
・「蕗」       鬼蕗

          季節の花 300 より 画像も

大阪南港 咲洲 (さきしま) 団地 花の町公園にて・・

_DSC2746
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ