サラシナショウマ・・

img20051008.jpg


 NHK ラジオ深夜便 今日の花言葉  10月8日 土曜日

  サラシナショウマ(晒菜升麻) キンポウゲ科 花期:秋

   学名:Cimicifuga simplex

    花言葉 : 雰囲気のよい人
 
 升麻はサラシナショウマの漢名ですが,サラシナというのは,
 若菜を茹でて水で晒して食用に供することからつきました。
 長さ 20 ~ 30 センチの花穂をつけます。
 落葉樹林の中や草原に生えますが,花穂が太くて白いので,
 夕暮れの草原でもよく目立ちます。

   群馬県赤城山にて Sep 12, 1998
   群馬大学 青木教授 HP より

  多年草 高さ約 数十cm 日本各地の山地に見られる
  葉は複葉 晩夏 白色の小花を総状に密生 
  春 若葉を食用にする
  根茎は肥大し 乾かしたものは生薬の升麻で 解毒・解熱剤
  また うがい薬にする  野菜升麻   (広辞苑)   
 

コスモス・・

DSC06478.jpg


 NHK ラジオ深夜便 今日の花言葉  10月7日 金曜日

  コスモス (秋桜)  キク科 花期:秋

 学名:Cosmos bipinnatus
 別名:アキザクラ(秋桜),オオハルシャギク(大ハルシャ菊)

   花言葉 : 調和 乙女の真心
 
 熱帯アメリカ原産で,菊科に属します。
 日本名の「秋桜」というのも趣のある名前ですね。
 cosmos とは(秩序のある調和のとれた体系と考えられた)宇宙のこと。
 cosmos に対応するのは chaos。
 宇宙を表す言葉は space,universe があります。
 space は,(地球の)大気圏外,宇宙であり,
 universe は the を冠して使われる,というように
 若干ニュアンスが違うようです。
 黄色い花のつくのはキバナコスモス(黄花コスモス)です。

  画像 福岡 歴史の町 にて 2005/9/23/15:00
  文 群馬大学 青木教授 HP より

   一年草 メキシコ原産 高さ約 1.5m に達する
   葉は線状に細裂 秋 大形の頭花を開く
   色は白・淡紅・深紅など  (広辞苑)

ハゲイトウ・・

img20051006.jpg


 NHK ラジオ深夜便 今日の花言葉  10月6日 木曜日

   ハゲイトウ(葉鶏頭)  ヒユ科  花期:秋

  学名:Amaranthus tricolor

    花言葉 : 不老不死

  別名:ガンライコウ(雁来紅),ニシキゲイトウ(錦鶏頭)

  ケイトウ(鶏頭)は派手な花を観賞するものですが,
  ハゲイトウは赤,黄,緑,白に色づく葉を鑑賞するものです。
  別名はガンライコウ(雁来紅)で,
  雁の渡ってくる頃に色づくということですが,
  夏の中頃から晩秋にかけてきれいな姿を見せてくれます。
  ハゲイトウの花は茎の脇に群れてつきますが,目立ちません。
  写真の品種は「ニシキゲイトウ(錦鶏頭)」です。

   前橋市にて 群馬大学 青木教授 HP より

  観賞用の一年草 インド原産 茎の高さ約 90~120cm
  葉は細長い楕円形 黄色や紅色・紫色の斑紋を持ち非常に美しい
  夏から秋に黄緑色の微小な花を葉の付け根に密生
  アマランサス 鎌柄 (かまつか) 漢名 雁来紅  (広辞苑)
   

イタドリ・・

img20051005.jpg


 NHK ラジオ深夜便 今日の花言葉  10月5日 水曜日

  イタドリ  (タデ科)  花期:夏~秋

 学名:Polygonum cuspidatum

   花言葉 : 回復 
 
 線路脇や空き地などにいっぱいはびこっていることが多いですね。
 広い範囲に分布しており山へ行っても見られます。
 大型のものはオオイタドリかもしれません。

  群馬県赤城山にて Aug 06, 1998  群馬大学 青木教授 HP より

   虎杖 と書く 多年草 いたるところに生え 根茎は長く這う
   若芽はウドに似て 紅色・微紅の斑点がある
   茎は中空で節があり 高さ約 1m 余 葉は煙草の代用とした
   夏 淡紅色または白色の花穂をつける 若芽を食用とし また
   根は「虎杖根」として利尿・通経・健胃剤とする
   古名は「たぢひ」「さいたづま」とも  (広辞苑)

ワレモコウ・・

img20051004.jpg


 NHK ラジオ深夜便 今日の花言葉  10月4日 火曜日

   ワレモコウ(吾亦紅)  バラ科  花期:秋

  学名:Sanguisorba officinalis

    花言葉 : 愛慕 変化
 
 金田一京介の「新明解国語辞典 第 2 版」には「吾木香」の見出しで出ており,
 「吾亦紅とも書く」とされている。
 私の使っている漢字カナ変換だと吾亦紅が出てくる。
 秋の草花の項に出ていることが多いが,山などでは 8 月上旬から咲き始めている。
 花弁はなく,赤紫のは萼です。

  群馬県赤城山の覚満淵にて Aug 06, 1998
  群馬大学 青木教授 HP より
 
   山野に自生し 高さ約 60~80 cm 晩夏 暗紅紫色の  
   小花を球形の花序に密生 果実も同色
   若葉は食用 根は止血・収斂(しゅうれん)剤
   漢名 地楡   (広辞苑) 

アシタバ・・

img20051003.jpg


 NHK ラジオ深夜便 今日の花言葉  10月3日 月曜日

  アシタバ(明日葉)  セリ科 花期:春~秋

 学名:Angelica keiskei

   花言葉 : 旺盛な活動力
 
 房総半島~紀伊半島,伊豆七島,小笠原諸島の海岸に多い多年草ですが,
 若菜が食用になるので栽培されることもあります。
 撮影したのは群馬県前橋市の町中にある家庭菜園です。
 葉を採っても明日にはまた新しい葉が出るほど丈夫である
 ということからこの名前がついたようです。

  前橋市にて Sep 23, 1998 群馬大学 青木教授 HP より

   葉は羽状複葉ウドに似て光沢があり 淡緑色 発育が早い
   秋 散形花序の白い小花を密生 茎・葉には淡黄色の汁液
   を含む 芳香があり 葉と茎は食用 野菜としても栽培
   ハチジョウソウ アシタグサ  (広辞苑)

キンモクセイ・・

img20051002.jpg
 

 NHK ラジオ深夜便 今日の花言葉  10月2日 日曜日

  キンモクセイ(金木犀)  花期:秋

   学名:Osmanthus fragrans var. aurantiacus

    花言葉 : 謙虚 初恋

 秋のお彼岸の前後,散歩しているとどこからともなく良い匂いが流れてきます。
 花は小さくて目立ちませんが,花が終わって散ると,
 金色の雪が降り積もったようできれいです。

  高崎市観音山「染料植物園」にて Oct 02, 1999
  群馬大学 青木教授 HP より
 
   常緑小高木 中国原産の観賞用植物で古くから庭木とされる
   高さ約 3m 葉は狭い長楕円形 革質で堅い 雌雄同株
   日本のものは総て雄株で結実しない 秋 橙黄色で芳香の強い
   小花多数を開く 漢名 丹桂  (広辞苑) 
   

マツムシソウ・・

img20051001.jpg


 NHK ラジオ深夜便 今日の花言葉  10月1日 土曜日

  マツムシソウ(松虫草)  マツムシソウ科  花期:初秋

    学名:Scabiosa japonica
 
      花言葉 : 風情 健気

 秋の高原で見られますが,春に花屋で売ってました。
 同居人が松虫草がいたく気に入っていたので買ってきました。
 淡い紫が上品な雰囲気を漂わせています。
 しかし,これはどうもセイヨウマツムシソウ(西洋松虫草) というものであって,
 日本で見られるマツムシソウとは異なるもののようですね。

   前橋市にて(自宅ベランダ) 群馬大学 青木教授 HP より

  多年草 山地の草原に自生 高さ約 60cm 葉は羽状に分裂
  初秋 茎頂に淡紫色の美しい頭状花を開く 
  近縁種のセイヨウマツムシソウ (スカビオサ)は観賞用に栽培
  リンポウギク  (広辞苑)

サワギキョウ・・

img20050930.jpg


 NHK ラジオ深夜便 今日の花言葉  9月30日 金曜日

  サワギキョウ(沢桔梗)  キキョウ科  花期:夏~秋

   学名:Lobelia sessilifolia
 
    花言葉 : 高貴

 山野の湿地に生える多年草です。花の色は青紫です。有毒だそうです。
 赤城山の覚満淵の中の方にあるヤチボウズの中に咲いていました。

  東京大学理学部付属植物園日光分園」にて Aug 26, 2000
  群馬大学 青木教授 HP より

   多年草 山地の湿地に生え 高さ約 1m 葉は互生し笹形 夏から秋にかけて
   鮮紫色の美しい唇形はなを総状につける  (広辞苑)

ゲッカビジン・・

img20050929.jpg


 NHK ラジオ深夜便 今日の花言葉  9月29日 木曜日

 ゲッカビジン(月下美人)  サボテン科 花期:夏

  学名:Epiphyllum oxpetalum

   花言葉 : ただ一度だけ会いたくて
 
 この植物園では唯一,私以外の撮影者による写真です。
 実家にて私の弟が撮影した写真をもらってきました。
 夜咲いて,一夜限りでしぼみます。
 開ききった状態を撮影したのが 22 時 45 分ころのようです。
 「めったに花を咲かせない。珍しい」
 と言われるのはちょっと誇張があると思います。
 条件さえ良ければ毎年でも咲くはずです。
 私も 2000 年の春に苗を買ってきて育てていたのですが,
 2001 年の厳しい冬に耐えきれず凍死してしまったのです。
 是非自分の目で見てみたいと思うのです。
 植物園などには大きな株があり,昼間訪れるとまさに今夜咲きそう!!
 という状態の蕾を見ることも多かったのですが,夜開いている
 植物園というのもありませんからね。
 また,地方紙などでは,「どこそこさんの家で月下美人開花!」
 などという記事がよく出るようですが,赤の他人が見せてもらいに行くのもためらわれますからね。
 ちなみに,実家のゲッカビジンはそんなに大きい株ではありませんでした。
 高さ50センチくらいで直径18センチくらいの鉢に植わっている株でした。
 私もがんばって,いつか自分で撮った写真を載せられるようにしたいと思います。

  実家(香川県香川町)にて Jul 10, 2001 撮影:青木敏
  群馬大学 青木教授 HP より

   サボテン科クジャクサボテン類に一種
   茎は平たく葉状 夏の夜 純白大輪の美しく香織の好い花が咲き
   4時間位で萎む  (広辞苑)

記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ